私のPMS対策白書|つらい月経前症候群を改善するために

つらい症状を解消するPMS(月経前症候群)の専門ブログ。イライラもやもや飛んでいけー!

プレフェミンの特徴や含まれる成分

      2016/03/15

医薬品であるプレフェミンですが、その特徴や含まれる成分についてもう少し詳しく紹介をしてみたいと思います。

 

プレフェミンの主成分はチェストツリーと呼ばれるハーブになります。PMSサプリも同様にチェストベリーを使用していますね。このチェストベリーですが、海外では婦人科治療として有効な成分としてかなり研究が進んでいます。チェストベリーの成分は女性ホルモンに働きかけ、本来のホルモンバランスに整えてくれるというのです。そのメカニズムとしては、ホルモン分泌に関与をしている脳下垂体に働きかけ、ホルモン分泌を行ってくれることが分かっています。PMSの症状はホルモンバランスの崩れが原因とも言われていますので、このバランスを整えてくれることが症状の改善が期待できるのですね。
しかし、その効果を十分に発揮するために必要なチェストベリーの量というものがあります。それが一日40mgと言われており、プレフェミンの場合は一粒でチェストベリーのエキスが40mg摂取できるようになっています。もちろん、医薬品であるための厳しい基準や検査にて安全性が証明されているので安心して利用をすることができますね。PMSサプリの場合種類にもよるかと思われますが、一粒で同じ量を摂るまでというのはなかなか無いかもしれません。医薬品といえどもPMSサプリ同様ハーブなどを中心とした配合なので効き目に即効性はありません。個人差はありますが、飲み続けて穏やかに効くのが特徴と言えるでしょう。

 - PMSに効く成分, プレフェミン, 治療薬